本日大晦日。

  おとといは”なつや”のクーラー二台がフル稼働する外気温28度の石垣島だったのに、昨日から冬に逆戻り今日の最高気温は16度、北よりの風が強く波も4メートルの大時化で釣りに行くことも出来ない。
今日は旧暦の大晦日、明日が新年正月だ。
ひと月半まえに内地式の正月を迎えたのだけれど、年が新たまっても”新暦2010年”は本日まで天候も落ち着かず魚も釣れず今ひとつ明るい材料が巡ってこない。
やはり第一産業従事者にとっては旧暦がその仕事と生活のリズムに則しているのかもしれない。
 ”なつや”は今日から旧暦で暮らすことにする。
ウミンチュウ”なつや”の新年は明日からだ。
今年も良いこともそうでないこともいろいろと有った一年だったけれど、明日からが2010年とスタートと決めよう。
都合良すぎるだろうと誰かが言ってますか、いいじゃないですかあんまり難しく考えなくても。
石垣島では高校の卒業式は例年三月一日と決まっているのだそうです。
ところが今年の三月一日は旧暦の祭り”十六日祭”とぶつかってしまった。
”十六日祭”はあの世の正月とされていて、石垣島ではこの日どこの墓の前でも一門が集まって飲めや歌えの宴がもようされる。
その先祖供養の大事な日と卒業式の日が重なってしまった。
当初学校側は例年通り卒業式を慣行しようとした、これに父兄が意義を申し立てたらしい。先祖供養と卒業式を同じ日に出来るかと。
結局石垣市にある三つの高校の卒業式は三月三日に延期されたとのこと。
なぜ二日でなくて三日になったのか。
”十六日祭”と”卒業式”めでたくはあるが、二日も続けて酒を飲むのは島んちゅうでもちときつい、一日休肝日をということらしい。
本当かよって?このくらいのことを石垣島では笑い話にも都市伝説にもならない、ごく日常の”生活の配慮”ですね。
さぁて今夜が大晦日と決まればさっさと仕事片付けて一杯やる準備だ。
 ”なつや”で一年半一日も休まずアルバイトしてくれた里穂も三月三日の高校卒業後は生まれて初めて島を出る。
2010年誰にも良い一年になってほしい、里穂を頼むぜナイチャー!。






村林と燃やす。

 

 二週間の予定で村林知安プロが石垣島にキャンプに来た、一年ぶりの来島になる。
今回のキャンプは幅が広い、風が吹こうが吹くまいがどこ吹く風だ。
風が吹けばカイトボーディング、波があれば最近注目のスタンダップパドルにシフトし、どちらもだめなら釣りをするという。
二年前のトモならわざわざ石垣島に来て”釣り”に時間を使うなど考えることさえなかったはずだ。
聞き間違いではない。
石垣島に移住して五年彼らの”マリーンライフ”に”釣り”は決して組み入れられることはなかった。
そのトモが釣りをしたいと言っている、それもわたしから”習い”たいと。
 石垣のボーダー達から遠藤が釣りをすれば”漁”だけれど、トモが”釣り”すればスポーツだ、と言われるのは想定の範囲だがそんなことはどうでもいい。
目覚めたものの数だけ海はより深さを増すのである、トモもやっとワタシに追いついてきたということかぁ。
 
 今回のトモの来島に伴い北海道からは佐藤さん湘南からは深雪さんもキャンプに合流した。
ここ数年リーダーを失ったように石垣島のカイトボード熱は下降気味だったけれど、トモの来島でビーチは久しぶりに熱気を取り戻した。


 流石なのは佐藤さんでトモより数日遅れで来島しながら滞在期間中すべての日で風が吹き乗りまくっていた。
佐藤さんが石垣に来るとかならず風が強く吹き、わたしは釣りに行けないというジンクスは今回も破ることは出来なかった。


 まあ風が吹かなくても佐藤さんは”釣りはごめんこうむる”と申していましたけれど、その一点だけをいわせてもらえるなら”サトウさん、まだまだ若いね!”。
 幸か不幸か佐藤さん来島の前日、風もなく波も穏やかという絶好の釣り日和に、念願のトモとの釣行が実現した。
 御前崎ではスタンダップパドルでトローリングし、連日鯛やヒラメを釣っていると紹介されているトモだけど、ここは石垣船も”千夏”ぼくとしては一日の長を示す好機だ。
ったのですけれど、ね。
 翌日に佐藤さんが来島し、ジンクス通り釣りに行けなかった”なつや”のディスプレーを飾ったのは、大半がトモの釣った魚でした。
おかげで大変助かりましたとはスタッフの弁。


そのスタッフもトモに触発されスタンダップパドルを始めるのだそうです。
それぞれが村林友安に”燃された”あっという間の二週間だった。
この火が消えやらぬうちに彼はまた石垣に来なくてはならないプロだからね。




八重山で部分日蝕。

  

 月じゃありませんよ。
西表島に沈もうとする太陽、15日の夕日です。
日帰りの漁から戻って港に船をつけ、振り返ったら夕日が欠けて見えたんですね。
何とも思わなかったんです、そのとき。
今日の太陽は”三日月”かぐらいで実にさらりと、いやそんなことも頭に留まらなかった。
船の片付けをしてると先に帰港していたおじーが、日食かねぇと西の空を振り返っていたんですね。
日食?あっ!たしかに日食だ。
 半年前のあの日食のときすっかりマスコミに踊らされ、にわか日食博士かいというくらいYahooで調べガラスも買って、次の皆既日食は数十年後、もうこの目で見ることは叶わないなと軽く落ち込んだりしたのに。
いきなりですよ、今回はテレビも新聞も何んにも言ってなかった。
 情けないねこれだけ自然に囲まれて、自然の恵みを糧として暮らしてながら、日食一つマスコミが情報として扱わなければ目の前の太陽が欠けていても気がつきもしない。
今回だって”八重山で見る部分日蝕は今世紀最後!”なんて言われていれば(そうかどうかは知らないけれど)それはそれでまた”宇宙から見たら自分は小さいなっ”なんてため息の一つもついていたのかもしれないのに。
なんなんでしょうね人の気持ちの浮き沈みって。

詩人の金子みすずは”星とたんぽぽ”という詩の中でこう語っています。
    
    昼のお星はめにみえぬ
     見えぬけれどあるんだよ  
     見えぬものでもあるんだよ

いやいや金子みすずと自分を比べようなどと言っているのではないのです。
ただね、何が違うんだろうかと自問してしまう訳です”選ばれし者と”そうではない者の違いは何かと。
見えぬものどころか見えてるものも無いものにしてしまうこの薄い感性の情けなさね。
 でも時に神様はいるなと感じる時があるのは、この日釣りに同行していた谷口譲(仮名)カメラマンの一言でしたね。 
「日食っすかぁー、月も案外明るいんすねぇー」
「あれって、月の光を地球がさえぎって、その影で太陽が欠けて見えてるんすよね」
彼は確かにそのとき、本気でとなりの海人のおじーにそう言っていた。
おじーはなにも答えなかった。
彼も”選ばれし者”なのかもしれない違った意味で。



石垣島だって冷えてます。

 

寒い日が続いている、内地もこの冬は雪が多いそうですね。
昨日は東京でも初雪が観測されたとか、二千キロ離れていてもそこは石垣島も日本の一部、今朝は冷えきっていて最低気温が十二度だ。
石垣島に五年住んでいて十三度を割ったのは初めての体験かもしれない。
こんな寒波の日珊瑚の浅瀬では急な水温の低下で麻痺した魚たちが波打ち際に打ち上げられる。

 写真の右肩かすかに映っている島は”沖の神島”。
三島由紀夫の小説”潮騒”の舞台になった島も呼び名は同じ”沖の神島”だがあちらは三重県。
こちらの”沖の神島”は西表島の南7マイル、波照間島の西12マイルの線が重なった洋上に突き出た無人島だ。
島といっても南北に伸びた稜線は薄く六曲半双の屏風の様な形で、左右の崖は垂直に海に落ちている。
寸分も平らな場所がない鳥だけが棲む孤島だ。
石垣島から最短距離で約40マイル、約73キロの距離に存在する。
 昨年までは自ら遠征してみようなどと考えもしなかった。
行ってみる気になったのは写真に写る、釣り船”長内丸”のベテラン船長長内さんの協力を得たこと、そしてここのところ石垣島周辺だけでは漁協に卸すに足りる漁獲を確保できなくなってきたからだ。
沖の神島へは最短でも一泊二日で行く、レジャーダイビング船なら日帰りもするが、漁師がこの距離を日帰りしていたのでは燃料費などの負担が大きすぎる。
一泊二日なら昼を二回夜を一回釣り続けることができる。
どの海人のオジーに聞いても、漁獲を上げるなら”沖の神島”より以遠という。
石垣リピーターのダイバー達にも大物狙いのアングラー達にも羨望の島、気楽にはたどり着けない、それだけに天気の読みには十分な注意が必要になる。
 その日、空ははなだ色に晴れ波高は2メートルから1.5メートルの予想、ジョォートォーである。
石垣港を出て進路を南西にとる、午前九時を過ぎていまだ太陽がまぶしいのはこの冬の時期だけだ、三月がくれば太陽は絶えず頭上から照りつけてくる。
 竹富島の左にもうけられた航路には海の中に立てられた赤青の標識があり、赤の標識を右に見て進めば座礁することなく進路を導いてくれる。
12ノットで一時間走ると左に黒島が近づいてくる、この一体は石西礁湖の中心で一面ラムネを流したような紺碧の海が右の小浜島や正面の西表島まで続く。
波さえなければ小舟のサバニは宙に浮いて見えるほど透明度が高い。
波照間島に直接向かうならここで黒島を左に見ながら進路を真南にとるところだけれど、沖の神島はまだ西、前方に浮かぶ二つの小島新城(アラグスク)をやりすごさなければならない。
上島、下島と二つ並んだこの島を石垣では日常パナリ(離り)と呼んでいる。
港を出て二時間パナリの下島を過ぎると石西礁湖最後の青い標識(大原航路21)を通過する。
ここから太平洋に入ると海は急角度で深さを増す、西に向かって五分も走ると水深は1000メートルに達する。
透明ガラスを何十枚も重ねたあの色の海を一時間と少し走りぬけば、あこがれ”沖の神島”に到達できる。













新年のオイシイハナシ。

 セイイカ仕掛け  

和尚、気にかけて見てくれるのはうれしいけれど毎回”よっ座布団一枚”って、またパソコンが壊れて前のコメントが上になったのかと思いましたぜ。

 ある日オジーが密かに教えてくれたのです。
”冬の間はよ魚釣るよりイカだぞ、セイイカ、マギーモウカルカラよ”
”釣ったイカは全部漁協が買い取り!銀行馬券ならぬギンコウイカ”
”ホントウデスカッ”
なんだか秘密めいているのでこちらの声は自然に小さくなってしまう。
”ボクはよ冬のイカで子供四人大学行かせてよ、漁協に定期預金も作ったさぁ”
”スッゴイ・デスネッ”
イカのシーズンは一般に冬だけれど石垣島の近海でもこの時期、コブシメというイカが珊瑚に集まって産卵する。
大きさは七八十センチぐらいの大型のイカで、食味もすこぶるいいので釣り人に人気がある。
ダイバーもこの産卵シーズンのコブシメは、一カ所にたくさん集まるのでよい被写体として人気がある。
ボクも実はこのコブシメの産卵ポイントを一カ所知っている、けれどそこはダイバーの人気スポットなのでそこのコブシメだけは手を出さないことにしている。
一匹のイカで”なつや”が潤うのは一時だけれど、ダイビングショップはイカがそこに留まる限り写真を撮りたいお客さんダイバーで潤うことができる。
つまりはそういった秘密の場所のイカのことかと思っていたら大間違いだった。
 セイイカ、標準和名ではソデイカという。
水深400メートルから1000メートルに生息する超大型のイカで、大きいものだと20キロを超えるとのこと。
一匹がでかい(マギー)から十匹も釣れば100キロはすぐに達成できる、キロ五百円の買い取りとして五万円だ。
 で、どのようにこの超大型のイカを釣るかと話は確信に迫る。
島から約10キロから20キロ、場所によっては50キロ沖のポイントで一本四百メートルのワイヤーに疑似餌をつけて沈める。
沈めた仕掛の先端に三メーターほどの竹竿をつなぎ、そこに夜でも確認できるライトと自分の印を付けて投げ込んでゆく。
竿と竿の間隔は約五百メートルを保ちながら、全部で二十本から二十五本を仕掛ける。
”へーっ・・・・”
ここまで聞いた段階で、もう自分には無理と気がついていたがオジーのはなしは続く。
あとは浮かべた竿の間を行き来して、ぴょこぴょことしている竿を上げてゆけば一航海で200キロは普通に釣れるという。
五百メートル毎に二十本の竿といえば、それだけで最初と最後では十キロメートル離れていることになりますよ。
大海原での十キロメートルしかも潮に流す訳だから、へたな流し方をすれば二十本の竿のうち何本かは見失うことだってあるだろう、いやほとんどを見失うことだって。
そして多船との混乱を避けるため無線でやり取りし、ほかの船とはだいたい五マイル離すのがルールで、よく釣れる時間は夕方から夜間。
ってとてもとても自分には”銀行イカ”どころか万馬券当てるよりハードル高いでっせ。
ボクには初夢にもならないイカ漁だけれど、この漁を日常にしているのが石垣島の海人。
知れば知るほど何気ない人々の底力を知る。

2010年明けましておめでとうございます。

 ミレニアムがどうとか騒いでからもう十年ですか。
皆さんの2009年はどんな一年でしたか。
我が家の妻にとっては”最悪の一年”との評価。
妻が最悪と感じているのなら夫としても何かしらの影響は避けられないのが道理。
どこがどう最悪だったのか当然聞く必要がある、と思うのだけれど。
”まーっいろいろ細かいことが、もろもろ、とね”
その”もろもろ”を一緒に解決してゆくのが家族でしょう、と思わない訳でもないけれど、
聞いてしまった壁が高すぎると自分を後悔するはめになる。
夫婦も二十五年目に入ると一発KOをねらうより、Hit & Awayで判定勝利が長続きの秘訣かもしれない。

昨年の漢字は”変”でしたね。
”なつや”もこのパソコンも変わりました。
前回やっと書き込みましたけれど、今まで使っていたパソコンが四年前に買ったマッキントッシュのOS10.3というもので、当時は当然最新だったもの。
それが一年ほど前からどうも様子がおかしくなった、Yahooなんかのフラッシュが赤丸の×がついて映らなくなり、YouTubuは開かず、検索打つ文字も化けるしまつ。
    ”石垣島”なんて打つと"eOEa ja"なんて出てくる。
それでも人の想像力とはなかなかなもので、化けた文字でなんとかYahoo検索してきた。
それもとうとう12月に入るとメールの返信ができなくなってしまった。
マッキントッシュに電話すると、12月からメールのセキュリティーが強化され今のOSでは対応できないかもとの回答。
OSを10.4にアップさせるのに一段階四万円かかり将来を考えるなら10.6にした方がいいと、つまりは12万円必要だと実に躊躇がない。
”でも遠藤様、今でしたら最新のI Mac 23.5インチが11万円です。しかもクリスマスイブまでにお申し込みいただければ12回分割でも金利1パーセントです”
金利1パーセントということは手数料は一年でわずか650円、古いパソコンアップさせるのに12万円で最新が11万円。
苦情電話から30分後には最新版の契約が終了していた。
 結局11万円の買い物させられていたことに気がついたのはだいぶ後でした。
日頃いろいろ考えているつもりでも、こんな電化製品一つあらがうことのできないとは・・・。

今年の石垣島は正月から例年になく気温が落ちている。
今朝も外気温は20度暖房器具のない我が家は冷えきっていますが、こんな年は春が来るのも早いとオジーが言っていた。
景気や天気やかみさんにあらがってもあまりよいことはなさそうです。
やがてくる春を信じて今年もやり過ごそう、っと。

新年に一句
 ひとり鍋
ひとり三役
 鍋将軍




パソコン復活。

 テスト配信。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM