<< 結構忙しい夏休み到来。 | main | 台風八号モーラコット >>

今年も来たぞタイフーン!




いやー僧侶、いいじゃねーですか坊主カフェ“大往生”。
石垣島に作って下さい、大往生できるまで通いますよ!
筆に力がないので伝わらないですが、前回の僧侶若いですがすごい人です。
百日にも及ぶ大修行を二度も達成しているのです。
なにせこの頃じゃ薮な医者より、たしかな僧侶の方がよほどありがたい年齢ですから。
そうこうしている間にとうとう来ました台風八号。
今年は春頃から石垣島周辺の海水温度が低く、ダイバー達も口々に海が冷たいと言っていたのでひょっとすると台風が来ないかと高をくくっていた。
昨年の記録を確認すると、同八号は七月24日に発生して27日28日に石垣島の西側を通過している。
昨年よりも十日遅いけれど今回の八号は真っ直ぐ石垣島に向っている。
二月に移設した鶏小屋とキャンピングカーは初めての台風との遭遇になる。
愛艇“千夏”はもう四年目なので台風対策は万全である。
二階に昨年オープンした“チキンタイフーン”も初台風だ。
台風対策も軽いインフルエンザのようなところがあって、いくら万全のつもりでも実際にぶつかってみないとその施設の弱点が分からないところがある。
台風に遭遇しながら補強され、しだいに強くなるという側面もある。
行政ですら数年前の台風十三号をきっかけにして、石垣島の電柱や信号などを刷新している。
古くは1963年の台風十四号で、石垣島はかつての木造赤瓦の家の多くが倒壊したため、現在のコンクリート造りが主流になったといわれている。
三年前の十三号台風は竹富島で牛を飛ばし、石垣島では重さ数tに及ぶコンテナーを飛ばした。
手作りのニワトリ小屋やキャンピングカーがどれほど直撃の台風に耐えてくれるか。
明日の午後には石垣島も強風域に入るらしい。
島の台風に“台風一過”は無い、台風が通過した後の吹き返しと呼ばれる風は、台風が通過している時より建造物にダメージを与える。
船をロープで結束する、風がはじめは右から吹いていたとして、何時間も右から左に強い力で押されているとロープはどんなに強く締めても少しは伸びる。
内地の台風ならこの状態で台風が通過するから、船は左に押されたところで収まっていてくれる。
島の場合通過した台風は風が変わり、次第に左から右に方向を変える。
伸びたところを反対から押されてしまうと結束はいとも簡単に解けてしまう。
綱引きといっしょで一定の力なら耐えるものも、強弱がつくと以外にもろい。
眠れない二晩がやってくる。
こればかりは祈る他無いが、“大往生”にはさせない。

コメント
台風直撃?
大丈夫ですか?
  • YUMI
  • 2009/08/06 8:21 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM