<< 今年も台風十三号”シンラコウ” | main | チキン台風、発生。 >>

銀座一丁目”奈津”閉店



石垣島“なつや”が三周年をむかえた9月27日、銀座の割烹“奈津”が閉店した。
1981年の開店と聞くから27年間の営業だった。
ぼくが奈津に通うようになったのは、広告関係のクライアントに連れて行ってもらったのが最初だった、たしか85年か86年頃だと記憶している。
もう二十二三年の月日が経ってしまった。
今年六十五歳をむかえた奈津の旦那もまだ四十代そこそこだったことになる。
元相撲取りの旦那は身長が百九十センチ近くあり体重は当時でも九十キロ前後はあったはず。
耳はカリフラワーのようにつぶれていて、一目してデカイと感じたものだった。
店に空席があっても一見さんと気に入らない客はバンバン門前払いし、予約は当時一切取らなかった。
気に入らない客との武勇伝は数しれないが、大事に至った話は一つも聞いたことが無い。
他の土地ならいざ知らず銀座一丁目界隈で、包丁持った元相撲取りとけんかするバカは幸い居なかったということだ。
旦那の功績ではなくあの界隈の客の品格も一役買ったということになる。
ってな話を本人にしようものなら間をあけず“ばかやろう!”の罵声を浴びることになる。
旦那の枕言葉はどんな時でも “ばかやろう”で、それは今日現在も現役なのだ。
そんな言葉数に不自由のある旦那ではあるけれど、店内はいつも和やかな空気であふれていた。
どこかのTVに出てくる頑固だけが“売り”のラーメン店とは質もスケールも違っていた。
辮天という舟口の地酒が売りで、魚はその日に使うだけを旦那が出向いて毎朝築地の市場で仕入れていた。
活け〆の穴子は身が厚く白焼きが美味かった、醤油はつけるけれど本山葵の香りを生かす程度にね。
三浦半島佐島産の蛸は皮を引いて、白身だけがフグの刺身のように並べられている。
身が透けるほどの白身を豪快に箸ですくって、奈津自家製ポン酢にモミジおろしをそえる。
元相撲取りの真骨頂“ごますりちゃんこ”はボリュームがあるのに、なぜか雑炊までぺろっといけた。
ちゃんこまで手を出した晩は決まってタクシーの世話になる日だった。
冬の楽しみは自家製“塩辛”。
釣好きの旦那が釣に出かけた翌日だけに供される一品は運だけがたよりだ。
塩辛だけに二三日後も旨いはずだが、塩辛というより“生烏賊の肝和え”というべきあの一品を翌日に残すほど奈津の常連は無知ではない。
通年通したマグロの美味さは云うに及ばず、“のれそれ”に春を感じ“ほうれん草のごまあえ”やちょっと小腹の“すいとん”に遠い懐かしさを見つけたものだった。
“やっこサラダ”も美味かったなー。
美味いものが消えてゆくというのはつらいなー、なんともつらい。
銀座も遠い街になってしまった。

旦那、女将さん、ありがとうございました。


コメント
おつかれさまです。

突然の書き込みで申しわけありません。
この春まで、会社が「奈津」の近くにあり、
頻繁にランチ、そして時折「夜」も利用していたものです。
(現在は赤坂に会社が移転してご無沙汰していました)

大将、女将さんも非常に気さくで、
しかも料理も美味しく大好きな店でしたので、
今回知人に「銀座の美味しい店を紹介してくれ」と言われ、
検索してみたところ、このブログを偶然見つけて、
非常に驚き、大変寂しい気持ちで一杯です。

何処かに移転して店をやられているわけでは
ないのですよね?
引退ということでしょうか?
とにかく大変残念です・・。
  • せん
  • 2008/12/02 6:43 PM
種々雑感

奈津の大将とは色々思い出がある。
店を構えた時からの付き合いで、女将さんや二人の娘さんも知っているし自宅にもお何回か邪魔したこともある。
一番の思い出は御前崎の吉田港からの出船。金曜日12時に店を閉め、クーラー一杯に弁天を詰め他にブランデーのボトルを持っていざ出発。午前3時、大将の友人の料亭に着く。その料亭はタイムカードがあるほど従業員が多く、釣り船も2隻ある有名店だった。挨拶もそこそこに釣り仕度をし4時出船。竿は大物用、中型用、小物用の3種。この日はイサキが曝釣で大将の大型クラーは満タンだった。釣り場の移動の際、大将はブランデーをラッパ飲み。釣の最中は弁天を次々に飲み干していた。そんな調子で誰も帰ろうと言わず延々と灯りをつけて17時間も釣り続けていた。
他には東名でダンプの運ちゃんを一括したり、家族旅行で女将さんと二人の娘を置いて一人車で帰ったり、到底webに書けないようなことをやっていました。当時は若かったし楽しかった。お疲れ様です。(O)
  • (O)
  • 2009/01/07 2:51 PM
遠藤さん、こんにちは。
たぶん、「奈津」でお会いしたことがあると思います。
「奈津」閉店して1年ちょっとが経ちました。美味しいお刺身がいただけないのと、「奈津」なくなったために銀座方面へ繰り出すこともなくなりました。残念至極。
先日大将の顔を見に伊豆まで行ってきました。連休中で大混雑、ついでに事故まであって遅れる遅れる。大将には、10時過ぎには着くんじゃないかなぁとか言いながら、実際着いたのは1時。その前から「ばっかやろう!!」の声が聞こえるようでした。大将もママも元気で、病気も良くなってきたとのこと。
部下の女性を連れて行ってはママに説教してもらって人生相談所みたいに使ってたこともありました。
もしかして、先日大将がトローリングしにいったのは遠藤さんのところでしょうか?
  • sean815
  • 2009/11/02 4:38 AM
今日、4年近くぶりに行こうと電話をしたら繋がらず、
ネットで移転のなんとも残念な情報を得ました。
会社入社当初、丁度店の裏のビルに会社があり、既に16年前から知っていて、退社後もピーク時には月に3回ペースで通っていました。
最後まで残っていると、残った刺身を丁寧に包んで出していただきました。
色々仕事、プライベートとあって、近くまで行きながらご挨拶せず、とても悔やんでいます。
また是非あの刺身の盛り合わせは食べたかった!!

写真からファンがとても多く多くの方に惜しまれた店であることがわかります。

人生で出会って良かった、大切な人とは是非訪れたい、数少ない店の一つでした。

マスター、おかみさん、
いつも自由気ままに飲ませてくれて有難うございました。

また、お会いできることを。

  • a.yagi
  • 2009/11/05 8:37 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM