<< 台風八号発生。 | main | 七月三十日(木曜日) >>

台風8号通過中。



台風八号が接近している。
石垣島の南東海上で発生したこの台風はスライドするように西に移動し、石垣島の南の海上で真上に北上をはじめた。
“こんな風にスライドする台風は、足が速いからさっと行ってしまうさぁ”
と宮良に住む知りあいは言っていたのだけれど、早いどころか時速15キロでのんびり石垣に近づいている。
べつにいいのである、台風対策は早め早めにするに越したことはない。
幸いに台風の中心は石垣島から西に200キロほど離れている様なので、大きな被害もなさそうだ。
(もっとも西に200キロの所は台湾の中心部に位置するので、台湾は台風八号の直撃にあってしまうことになる。それほど石垣と台湾は近い。)
多くの観光業は週末の台風は少なからず売上げに影響するだろう、でも長い目で見ると島に住む人にとってはちょうど良い骨休みになっているようだ。
“なつや”もこの週末の予約が全てキャンセルになった。
でもこの南の楽園に暮していると天気さえ良ければ、毎日が夏休みみたいなものでつい働きすぎてしまう。
グルクンからはじまってマグロまでの釣は云うに及ばず、シュノーケリングでサザエや高瀬貝を獲って、ナイトダイビングなら伊勢エビもねらえる。
西表島や波照間島へも条件が良ければ1時間ほどで行けてしまう。
川にはうなぎやスッポンさえいるので、川探検を本気で考えたら何日かかるか想像もできない。
もちろん水辺だけでなく山には山の楽しみがぎっしり詰まっている。
遊びに事欠かないこの島の暮らしで、つい歳を忘れてその気になっていると、ある瞬間にどっと疲労が襲ってきてエラいことになる。
晴耕雨読は身体の為にも必要なことのようだ。
今夜はお酒を控え目にして本を読むことにしよう。
何かと問題が指摘される北京オリンピックも、あと二週間足らずで開催される。
激動する世界情勢の“ウラ”を知りたい時、わたしは「ゴルゴ13」を読むことにしている。
強い風が上空でうなりをあげている、たまにはすこしだけ島からは馴れて世界のことに思いを馳せてみることにしよう。
今夜はそんな、大人な気分だ。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM