<< 大暑だってよ。 | main | 台風八号発生。 >>

石垣島豊年祭



観測史上の最高気温はどこで何度だったかご存知ですか。
答えは1921年7月8日にイラクのバスラという所で、58.8度を記録したそうだ。
この気温、どんなでしょうかね,風呂なら入れない
地球温暖化の影響が今よりも少ないあの頃での気温、この先どうなるのでしょう。
イラクもイランもますます暮しにくくなるのに。
人は体温が41、42度になると生命に危険があるらしい。
今日は京都舞鶴で38.5度になったとのニュース。
忌まわしい事件が多発し、容疑者が幼年化して、地震までが頻発する。
どうすりゃいいんじゃぁー。
五十を過ぎたおじさんだって、小さく叫ぶくらいしかぶつける先を知らない。
改めてこの五十年を振り返ると、生まれた時にテレビはまだ無く、東京タワーももちろん無かった。
よく言われることだけれど貧乏だった、みんな貧乏だった。
あれから半世紀よくもこれほど便利になったものだと思う。
今となってはインターネットに携帯電話、どちらを失っても石垣島で暮せる気がしない。
車は石垣島で暮す限り最悪我慢は出来る、エアコンも何とかなる。
ウオシュレットは云うに及ばずだけれど、洗濯機は無いとまずい。
Tシャツに短パンくらいの軽いものばかりだけれど、これを手で洗うとなるとかなりの時間と労力が必要になる。
かわりに掃除機を差し出そう。
冷蔵庫を取るかわりに電子レンジはあきらめてもいい、足りなければコーヒーメーカーをつけてもしかたが無い。
冷たいビールと決別するのは楽ではないけれど、泡盛の水割りが残ればなんとか平常心は維持できるかもしれない。
昨日まで八重山の各地で夏の祭り“豊年祭”が各地で開催された。
ぼくの暮す美崎町からほど近い“四か字”の豊年祭を見に行った。
海人の“ハーリー競漕”に対して、“豊年祭”はハルサーの一大行事。
願うのは“五風十雨”“天恵豊”、素朴だけれどなるほど地に足がついている。
素朴に耐えられる人々がいなくなれば、いつかは祭りも消えてしまうのかもしれない。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM