<< カイトと父の日。 | main | 業務連絡。 >>

金子一家が、来タァー。



前略、下記のことがしたいのでよろしく。
 1,綺麗な珊瑚をみたい、シュノーケリングで。
 2,十二歳の娘がスキューバ体験をしたい。
 3,石垣島天文台で土星が見たい。
 4,ついでに蛍も見られるとなおいい。
 5,父ちゃんは釣がしたい。
 6,そこそこ釣れたら大物も体験したい。
 7,イタリアンレストラン“コンキリエ”でパーティーがしたい。
 8,石垣牛のBBQが食べたい。
 9,“なつや”も一度は入れてほしい。
10,最南端の島波照間で星が見たい。
11,辺銀食堂で食事をして、ラー油を購入したい。
12,かーちゃんのショッピングの時間もそこそこほしい。
13,オッと忘れていた、干潮時にしか現れない“幻の島”もね。
14,オッともう一つ石垣島の焼き物体験も。
                   以上よろしくお願いします、金子。」

上記を五泊六日で消化してほしいと大親友金子一家は要望してきた。
ふつうの場合だったらもう少しのんびりしたらと進めるところなのだけれど、この一家にはこれを要求するだけの理由がある。
過去二年間に三度来島して、三度とも台風と遭遇してしまったからだ。
東京近郊に住まいを持つ金子一家が家族三人で、石垣島に三度来るにはそれなりの出費がともなう。
大人だけならともかく、小学生が休みの時期は旅費も高騰する。
南国石垣島の青い空と碧い海を見る為に、これだけの犠牲をはらってはるばる来ているのに、三度とも台風にぶつかればこのくらいのことは石垣島に突きつけたくもなる、その気持ちはよくわかる。
 えっ?実はもう石垣島はあきらめようと、前回の家族旅行は大阪UFJにした、そりゃーそうなりますわな誰も何も言わない。
といいますか、よくぞ四度目に挑戦する気持ちになりましたね、偉い!
石垣市民として深く感謝します。
といういきさつで我が“なつや”コンベンションビューローは、スタッフ総出で上記達成プロッジェクトを立ち上げ、6月28日から7月3日までの五日間の晴天を祈った。
結果は金子一家の情熱に石垣島の神様も答えてくれ、見事な一週間を過ごすことが出来た。
金子一家の愛娘千夏もその進水から三年目にして、初めて自分の名前を冠した船“千夏”に乗船ことが出来た。
我が“なつや”コンベンションビューローとしては、残念ながらNO10のオーダーだけは消化することが出来なかった。
また近いうち待っていますね、また来てね。


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2008/07/10 11:07 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM