<< 沖縄に住むと台風。 | main | 歌舞伎町に行ってきました。 >>

ユッカヌヒ08。



今年もユッカヌヒが来た。
ユッカヌヒは旧暦の五月四日のこと、沖縄の漁師には一年で一番重要な祭りがおこなわれる日である。
石垣島ではユッカヌヒというけれど、他に“ハーリー”とも“海神祭”ともいう。
毎年この祭りが来ると沖縄の梅雨も開け、本格的な夏が訪れるとも言われている。
今日も昨日までの天気予報は曇りのち雨、予報ではもうしばらく梅雨が続くはずだったが、昨晩はバケツをひっくり返した様な豪雨に島中の眠りを覚ます雷が加わった。
夜が開けてみれば台風一過の様な青空が朝から広がった。
石垣に暮しはじめて早三年、海の潮の満ち引きや季節の移りかわりを思う時に、旧暦の方が暮らしの実態に則していることを感じはじめている。
石垣の海人は今日のユッカヌヒのために、永いと一ヶ月くらい前から、ハーリー競漕の為に練習やハーリー舟の調整に費やす。
つまりはあまり海に出ないので漁は控え目になる。
魚たちにとってこの時期は産卵のころと重なるので、一匹でも釣られない方が都合がいい。
海人はハーリー後も後片付けと連日の集まりの二日酔いで、その後も二三日は漁に出られない。
産卵が遅れた魚もこの機に乗じて逃げ仰せる。
魚たちと海人は結果的に子孫の存続と、資源の保護を共存していることになっていた。
これも旧暦であればこそ、太陽歴の五月四日にハーリーを実施していまうと、魚たちの産卵時期とバッチリタイミングが合ってしまう。
そうなっていたら今日の八重山の海は無かったはず。
日本人もそろそろ古いものを見直す時期が来ているのかもしれないですね。
まっ、なにはともあれ毎年応援している“中一組”、この腕の逞しさ。
日焼けの具合くらいはぼくも引けを取りませんけれど。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM