<< ”なつや”のワインセラーその2。 | main | 野底マーペ。 >>

”なつや”直営農場。

もう十一月も残すところわずかだというのに。フィリピンの東には台風23号と24号が二つも発生している。
そのためなのだろうかこの一週間石垣周辺は風が強く、波浪注意報が引き続き出ている。
釣りにも行けず先週の金曜日から船が出せない、波の高さ予報が四メートルなので“千夏”では少し不安がある。
幸いこの二週間はガイドブックの撮影が入っていて、天気がよくても一日釣りに出ることは出来なかった、“不幸中の幸い”といえば幸い。
とはいえ撮影は午前中で終了する日もある、このところ運動不足で酒ばかり飲んでいるので体重が気になっている。
石垣のようなゆっくり時間が動く島に住んでいても、貧乏性ばかりは治らないらしく、ちょっと時間が出来るとじっとしていられない。
撮影もおとといで終了してしまったし。
天気予報は明日も明後日も波は高いとのこと。
どうすりゃいいんだ!、考えても眠れない。
仕方なく店の前にハーブのプランターなんか作ってみたけれど、すぐ終わってしまった。
芽が出るのはだいぶ後だし、暇つぶしに水ばかりあげていたら、スタッフからハーブは乾燥が大事と注意を受ける始末。
頭のなかのもんもんは大きくなるばかり、だったのだけれど今週はきっと運勢の星回りがいい。
今回の撮影で知り合いになった“島藍農園”の大濱さんが、農園の一部を自由に使ってもいいと言ってくれた。
最初は野菜でもと考えたけれど、思い切って鶏を飼ってもいいかと聞いてみた。
大濱さんは農園で染め物用の藍を育てているので、鶏糞をもらえるなら良いとの返事。
このタイミングを逃すことは無い、鶏糞でいいならなんぼでもさしあげますよ。
もし足りないようなら、もう、何ですよ、あっちこっちから集めてきますです。
そんなことなら私も協力しますと岩渕シェフ。
きもちだけでも君のだけはいらない。
という訳で“なつや”にこのたび自家農場が出来ました。
当面は卵用の鶏を安全なエサで育てて、地鶏の卵を取ります。
数日後から“なつや”の卵は平飼いの自然卵をお出しできるようになることでしょう。
借りた土地は百坪ほどあるので周辺で野菜を育て、店でも使いエサにも出来るでしょう。
いずれは地鶏を自家用で飼うことが出来れば、“なつや”の焼き鳥も一段と美味しくなります。
乞うご期待。


こんなハウスの後がありました。



二日目には草も刈り屋根もつけました。


現在彼女達は鶏舎のなかの草と虫だけで満腹の様子です。

コメント
スゴイですね!!
なつやに行くのがますます楽しみになってきます。
  • まゆみ
  • 2007/11/23 9:59 AM
着々予定通りに運んでいますね!!
すごい!!
  • コロ
  • 2007/11/30 12:52 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM