<< アカマタ、クロマタ。 | main | 村林友安がゆく。 >>

日野皓正クインテット来島。



七日に舟蔵の里で予定されていた日野皓正クインテットのコンサートが、六号七号と立て続けに発生した台風で九日に延長された。
六日に発生した台風六号は七日には石垣島に最接近の予報、野外ステージの船蔵の里での開催は九日に延期になった。
中止にならなかったのがせめてもの救い、ここのところ雨も少なかった石垣島、海水の温度も上昇気味で魚や珊瑚に影響が出ていた。
延期でも開催が決まればこちらのもの、直撃して周辺の海をかき回し活性化してほしいと島民は願っていた。
ところが六号はさらりと西にずれて、石垣島を軽くなで回しただけで中国大陸に消えていった。
なら、コンサート出来たじゃねーか!
じつはこの日のために“なつや”は休業にしていた。
コンサートが九日に延期と新聞で発表された直後、こんどはフィリピン沖で七号が発生した。
ついに二年ぶり二度目の日野皓正コンサートは中止かとあきらめたが、会場を日航八重山に移して開催されることが決定した。
室内であれば七号の台風が直撃しても開催は危ぶまれない。
台風直撃の中の日野皓正クインテット、恵みの雨と熱い音楽の競演だ。
まっすぐぶつかってこい、台風七号!
当日七時半の会場時間、日航八重山の庭には心地いい風が吹いている。
またも台風は大きく西にそれて、石垣島にかすりもしなかった。
結果論だけれどそれなら、船蔵の里で野外ライブが出来た。
日野さんは台風のおかげで、思いのほか石垣島に滞在できたと喜んでくれた。
舟蔵の里で出来なかったことは残念だったけれど、すぐに室内会場を提供してくれた日航八重山にも感謝していた。
大都市でこうは物事運ばない、小さな島のフットワークあってのことだ。
コンサート終了後の打ち上げは、舟蔵の里の野外デッキでのバーベキューだった。
台風七号の風は、どこ吹く風だった。
船蔵の里の元村社長、招いていただきありがとうございました。
三回目のコンサートは必ず船蔵の里の野外ステージで、開催できること切に願う一人であります。

コメント
楽しみにしていたことで開催されまして本当に良かったですね。
ポスターを見て興奮する姿に少年の心が出てかっこよかったです。
とっても羨ましいです!!
  • コロ
  • 2007/08/13 4:51 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM