<< 今日の先付け 070218。 | main | 070226 今日の先付け。 >>

宮古島に行ってきました。

島たこの柔らか煮。

取材で宮古島に三日間出張に行っている間に、ブログを一週間も飛ばしてしまった。
ぼけ防止にと自分に課題を与えるつもりではじめたことなのに、続けることの困難さを思い知ることになっている。
何かと行事や人とのふれあいが多く発生する島暮らしなので、話題には事欠かないのだけれど言葉に替える“こと”が難しい。
あんなこと、こんなこと書きたいのに上手く文章にできない、つらいね。
宮古で三日間の取材中二日間は天気が曇っていたので、辛うじて晴れた最終日に撮影は集中した。
アイテムを与えられた条件の下で、いかにスムーズにクリア出来るかが写真屋には求められる。
写真と天気はたえず一対のものだけれど、南国沖縄の写真にはより晴天が求められる。
曇りの日に晴れの写真は撮れないのだけれど、なんとか撮ってしまわなくてはならない。
そうでないとお金はもらえない。
写真はクリエイティブではあるのだけれど、天気はクリエイティブできない。
でもしばしば無理にでも、クリエイティブしてしまわなくてはならない。
それがプロだから、と思っているから。
長年やってきた写真屋でも、いつも目の前には大きな壁や河が流れている。
思いを言葉に替えて感じる文章にすることがそう簡単であるはずもない、よな。
で、天気にはあまり恵まれなかったのですが、人との出会いには恵まれました。
不案内な宮古島の取材で知られざる美味しいお店を色々さがしてくれた、“焼き肉ガーデン中山”の店長下里さんありがとうございました。
このお店宮古島の平良港のすぐ近くで、目の前には対岸の伊良部島が望める、広々としたオプンエアーで焼き肉が食べられる開放的な焼き肉屋です。
黒毛和牛がこんなにお手軽な値段で食べられるのは、ここだけの話石垣には無いと思う。
でもう一件紹介するのは、宮古島北部の“すむばり食堂”。
その日に採れた島たこを翌日に使う分だけゆでて作る“たこソバ”。
このたこがただゆでただけとお母さんは言うのだけれど、うんまい。
今日の先付けはその“本歌取”。
食材や料理法にあまり変化のない島料理の中にあって、この食堂のおかあさんがつくる色々なメニューは全て踏破したいと思ったほど。
これからも少しずつ美味い宮古島紹介しますね。



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM