<< 雨の日と火曜日は | main | タイノエの夫婦。http://natsuya-ishigaki.com/ >>

つのだ☆ひろが涙するとき。

 

過日、と言っても二週間ほど前の週末上野文化会館で珍しいコンサートが開催された。

タイトルは”シンフォニック・ガラ”。

タイトルが示すようにクラシックの殿堂で音楽の”お祭り”をしましょうという企画だ。

指揮者は大友直人氏、アレンジが千住明氏、この二人がナビゲータを務めてシンフォニー・オーケストラの演奏でポップスを歌うというもの。

 メインゲストは稲垣潤一さん、スペシャルゲストにつのだ☆ひろ、さらに女性ボーカルとして辛島美登里さんに沢田知可子さん。

ポップスの舞台にオーケストラが参加することは珍しくないが、オーケストラの舞台にポップスのシンガーが上がることはあまり聞かない。

 私くらいの年代なら一度はドライブのときに、稲垣潤一さんのカセットテープをガチャリとカーステレオに差し込んだ経験もあるはず。

まだCDが無かった頃の「夏のクラクション」、硬質で透き通るあの歌声思い出します。

辛島美登里さんの「サイレント・イブ」沢田知可子さんの「会いたい」は私には少しあとの世代、そんな横糸を縦糸で紡いでくれるのがつのだ☆ひろですね。

 ボジョレーヌーボが解禁された木曜日石垣島から那覇経由で羽田へ、モノレールと山手線を乗り継いで直接上野駅へ、公園口に立つとまだ四時半なのに周囲はもう薄暗い。

どんな撮影のときもそうだけれど会場やスタジオに入るときは、まだ体のなかに残る石垣の空気を押し隠かくす努力が必要になる。

関係者入り口から控え室に降りてゆくとオーケストラ独特の管や弦の生音独特のリハーサル音が伝わってくる。

控え室を探し当てるとちょうど☆ひろさんはリハーサルを終えて舞台から降りてきた、専属カメラマンとしてはリハに間に合えないのは貴重な撮影チャンスを逃したことになる。

曲目を確認すると「my way」だという。

☆ひろさんには珍しい曲ですねと問うと、本人も初めてだと答える。

英語に明るい☆ひろさんが譜面をとって詩の内容を説明してくれる。

カラオケボックスが無い時代、誘われた飲み屋で他の客がこちらの迷惑顧みずエコー効かせくわえ煙草で一人酔っていたあの曲「my way」だ。

私は未だにカラオケが好きになれない、原因はあの頃のあのおやじ達のトラウマかと感じることがある。

とはいえ今日の「my way」はそんな次元ではない。


And so I face the final curtain

人生の幕を私は迎えようとしている

I've lived a life that's full 

波乱に満ちた人生を私は生き抜いた

Regrets, I've had a few

後悔なんてほとんどないよ

But then again too few to mention

でもとりたてて言うほどの人生でもない

I did what I had to do 

やらなきゃならないことを私はやってきた

And did it my way


歌詞を翻訳する☆ひろさんの声が詰まる、この曲の何かがアーティストの琴線をつま弾いている。

「なんだかさ、この詩は漢字で書かれたお経みたいで、一つ一つの単語が絵のように見えちゃうね」

石垣に戻って改めて「my way」を聴きなおした。

☆ひろさんの境地には遠く及ばないけれど、あの頃のおじさん達と年齢だけは同じになった。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM