<< つのだ☆ひろが涙するとき。 | main |

タイノエの夫婦。http://natsuya-ishigaki.com/

タイノエ

 ”タイノエ”という生き物の写真です。

漢字で書くと”鯛の餌”と書くのだそうですが、調べると”鯛の餌”どころか”鯛が餌”というのが実態の生き物だった。

名の表す通り鯛と密接な関係を持っている虫で、多くは鯛の口に寄生し強いあごと足で口の内側にかじりつき鯛の血液をいただいて暮らしているのだと。

日本全国の鯛の仲間に分布しているらしく、私が漁をする石垣でもレンコダイという鯛を釣るとまれにこの”タイノエ”が口からのぞいていることがある。

タイノエには毒も無く鯛の身に寄生しているわけではないので食べても人体には何の影響も無く、漁協のセリで値段が安くなるということも無い、でもどうも私は好きになれないので見つけるとペンチでつまみ出すことにしている。

大きな方がメスで小さな方がオス、必ずメスが口に近い方に陣取り、オスはノドの奥に小さく吸い付いている。

大きさはメスが三センチから四センチ、防波堤でよく見かけるフナムシを連想してもらえれば近く形もよく似ている。

口の粘膜にしがみつく力はなかなかのもので、ペンチで力まかせに外そうとすると胴体が壊れても離れない。

コツはペンチで七対ある足のなるべく奥側をつまんで端から順番にだましだまし外す、マジックテープを剥がすあの要領が一番うまくいく。

タイノエの足にもマジックテープに似たカギがあるらしく、そのカギがレンコダイの口のヒダヒダに絡んでいるのかつまみ出すとき手にもマジックテープのときと同じベリベリな感覚が伝わってくるのには未だに慣れないけど。

ひょっとするとコイツをこのままハリにつけて落としてみたらいい餌になるかしらんとも思うけど、素手で触るのはつらいのでポイと海に返している。

個人的には世に存在してくれなくてもよい生き物なのだけど、タイノエにしてみれば大きなお世話で「あたしら夫婦があんたにナニしたわけ」と問われれば何も答えることは出来ない。

なにしろこの夫婦の宿り主たるレンコダイは水深三百メートルに生活している。

こちらが無理に出向いて釣っているから日の本に出て来るわけで自然に人と出会う環境ではない。

太陽の光は水深二百メートル位までしか届かないそうだから夫婦は暗闇の生活だ、しかも一度宿り主に住み着いたらおいそれとは移動も出来ないだろう、たぶん。

コバンザメならおこぼれをだけいただき、寄らば大樹の陰を決め込み、逃げも隠れも出来るけれどタイノエにその自由は無い。

運悪く宿り主が釣られてしまえばその運命は一蓮托生、運命共同体だ。

タイノエの世界感といえば光さえ届かない狭い鯛の口の中が全てで、食事は一生鯛の血だけがたより、それでも夫婦一つがいで約しく暮らしてきたのかと考えるとけなげな感じもしなくない。

鯛からすれば血を吸われるばかりではなはだ迷惑な存在なのだろうけれど、でも人がこの世に現れる以前からタイノエと鯛の関係はあっただろう、それでも鯛が絶滅してないことを思えば人には分からないお互い必要な関係を保ってきたのかもしれないね。

魚の”女王”鯛の美しさ、その秘密は以外にもタイノエの夫婦が支えてるなんてことがいずれ解明される日が来るのか来ないのか。。


レンコダイ



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM