<< 村林と燃やす。 | main | つぶやき? >>

本日大晦日。

  おとといは”なつや”のクーラー二台がフル稼働する外気温28度の石垣島だったのに、昨日から冬に逆戻り今日の最高気温は16度、北よりの風が強く波も4メートルの大時化で釣りに行くことも出来ない。
今日は旧暦の大晦日、明日が新年正月だ。
ひと月半まえに内地式の正月を迎えたのだけれど、年が新たまっても”新暦2010年”は本日まで天候も落ち着かず魚も釣れず今ひとつ明るい材料が巡ってこない。
やはり第一産業従事者にとっては旧暦がその仕事と生活のリズムに則しているのかもしれない。
 ”なつや”は今日から旧暦で暮らすことにする。
ウミンチュウ”なつや”の新年は明日からだ。
今年も良いこともそうでないこともいろいろと有った一年だったけれど、明日からが2010年とスタートと決めよう。
都合良すぎるだろうと誰かが言ってますか、いいじゃないですかあんまり難しく考えなくても。
石垣島では高校の卒業式は例年三月一日と決まっているのだそうです。
ところが今年の三月一日は旧暦の祭り”十六日祭”とぶつかってしまった。
”十六日祭”はあの世の正月とされていて、石垣島ではこの日どこの墓の前でも一門が集まって飲めや歌えの宴がもようされる。
その先祖供養の大事な日と卒業式の日が重なってしまった。
当初学校側は例年通り卒業式を慣行しようとした、これに父兄が意義を申し立てたらしい。先祖供養と卒業式を同じ日に出来るかと。
結局石垣市にある三つの高校の卒業式は三月三日に延期されたとのこと。
なぜ二日でなくて三日になったのか。
”十六日祭”と”卒業式”めでたくはあるが、二日も続けて酒を飲むのは島んちゅうでもちときつい、一日休肝日をということらしい。
本当かよって?このくらいのことを石垣島では笑い話にも都市伝説にもならない、ごく日常の”生活の配慮”ですね。
さぁて今夜が大晦日と決まればさっさと仕事片付けて一杯やる準備だ。
 ”なつや”で一年半一日も休まずアルバイトしてくれた里穂も三月三日の高校卒業後は生まれて初めて島を出る。
2010年誰にも良い一年になってほしい、里穂を頼むぜナイチャー!。






コメント
いい大人の、フォトグラファが
頼むぜ、ナイチャーって
しかも、石垣島を云々語っておきながら
馬鹿じゃないですか?
しかも石垣島で商売をやられてるんですよね?

ナイチャーやヤマトゥは、今や差別用語です
私含め、八重山の人も使う事をやめようとしている中
あなたの様な、心無い移住者が、先の言葉を使い続ける事により
いつまでも、進化しないのです
特に、沖縄本島では今や、ナイチャー等とは
相手をけなす際にしか使いませんよ
八重山位じゃないですかね
しかも、自分からナイチャーだなんて
あなた方の様な、勘違い移住者が居る限り
沖縄の人の努力は、無駄に終わってしまいます
浮かれて住むのではなく、住むなら沖縄の事を考えて住んでください
  • 日本人
  • 2010/02/18 12:17 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM